nore-Lab.
こんな日々もあっていいでしょう。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
…はっ!?
2005年 10月 04日 (火) 07:36 | 編集
結局朝まで願書に悩む。
Windowsのメモ帳で書いては消し、書いては消し、たまにカット&ペーストで文章の構成を変えてみてはまた戻し、語尾を直して納得いかずまた戻す、というような地味な作業を延々繰り返しておりました。
そして諦めてA.M.11:30ごろ眠りにつく。
15:00に起きてまたメモ帳で書いては消し…を繰り返す。
一度寝て冷静になったほうが文章書くにはいいような気がする。
集中して書くと僕の場合話しがとんでもないほうに向かっていたりするので。
だからあえてブログは夜中に集中して書くんですけど。
後で自分で見たとき他人の文章を見てるような気分になれます。はい。

そしてまた悩みつづけ、埒があかないと思い気分転換にプールに行く。
今日は人が少なくてサイコーです。
しばらく泳いでいたらいきなり声をかけられる。なんだコイツ、なれなれしいな…と一瞬思ったが冷静に見たらTBTだった。
度の入ってないゴーグルをしていた弊害ですな。
ちょっと話をしてからまた泳ぎ始める。いい感じに身体があったまって、ペースを上げようと思ったその矢先、股関節と膝と肘がいっぺんに痛くなる。
これは無理しない方がいいなと判断し、上がる。
外は雨が降っていたので自転車できていたTBTを車で送っていく(自転車は車に積んだ)。
ちょっと話をして帰宅。
TBTと話したおかげで願書に関してはある程度開き直る事ができた。多謝。

家に帰り、夕食を食べているとTVで洋画を観ていた父がふとチャンネルを変える。その瞬間、僕の目に入ってきたのは

















fo-.gif

この人。

味噌汁吹き出すかと思った。
食事時に見たい顔じゃねえな。
どうやらガキの使いの罰ゲームやってた模様。ダウンタウンとこのお方のコラボはちょっと想定の範囲外で面白かったです。
僕はこれ観たかったのでチャンネル変えて欲しくないなー、とか思っていたら父が爆笑し始めた。どうやら気に入ったようで、おかげで僕は無事ガキの使いを観れた。板尾の嫁は汚い。面白すぎる。マドンナの曲もう聴けねえよ…(興味ないからいいんだけど)。

そして気付いたら朝の4時だった。
いつのまにか寝ていたらしい。
まあ、おかげでちょっと気分良いです。

さ、今日こそ願書出そう。
どうにかするどうにかなるどうしようもない
2005年 10月 03日 (月) 22:49 | 編集
書けない。
書けない。
思いつかない。
納得いかない。

今日の僕の思考回路、こんな感じです。
来年から行こうとしてる専門学校の願書を書いてるのです。
コレに志望動機の欄があるのですが…言いたいことは沢山あるけど思い入れがありすぎてまとまってくれない。
なんとかまとまったかな…とか思ってもなんか薄っぺらく感じる。
春にちょっと就活したときはもっとサクサク書けたんだけどな…本気度の違いですかね…。
正直コレで悩んでるヒマは無いんですよね…。
試験対策のまとめもしなきゃなのに…。
第一これそんなに重要じゃないでしょ?
どうせ面接の時の話のきっかけ作りというか…面接でコレを語るのが実は一番のポイントでしょ?!
とか思うが手は抜けないことに変わりは無い。
書けば書くほど疑心暗鬼に陥る。
周りは文系大学出た連中ばっかりだ…とか思うとどのレベルで文章かけなきゃいけないんだ?と出口の無い迷路に入り込んだ状態になってしまっているのです。
上手い事言ったつもりですがどうですか?そんなことないですか?そうですか。
うはー!ダメダ!ちょっと気分転換でも…。


元木引退


なんだそれ…。
もういいよ…。
キヨも元木もいない巨人なんて森田のいない「いいとも」みたいなもんだよ…。

あ、そっちのほうが人気出そう。

(そ、それはおいといて…)ちくしょう!
神も仏もいやがらねえのか!
あー…もうちょっと粘ります…。
明日には提出したいなぁ…。
はあ。

keroro.gif

どどんがどん
2005年 10月 02日 (日) 22:21 | 編集
朝、暑さと太鼓の音で目覚める。

昨日から地元最大のお祭りをやっていてですね、その関係で僕の家の廻りを神輿やらなんやらがガンガン通過するわけです。
僕も昔地域別の野球チームに所属していたこともあり、このお神輿を担いでいたこともあったのですが…夕べ遅くまで起きていたせいか最高に耳障り。
しかも窓を開けていたのでさらに倍、って感じで。

このお祭りはもうここ数年行ってないです。
祭りは好きなんですけどね…。
多分「食うこと」しか目的が無いからじゃないかと自らを分析しているのですが。
このお祭りは地元最大のお祭りなだけあってかなり人が来ます。
勿論地元民である僕らは楽しみでしょうがなかったりするわけです。
小学校の時とかは純粋に、祭りを…っていうか露店を楽しみに行くわけです。
それが中学生とかになると…甘酸っぱい匂いがしてきません?
「学校とはまた雰囲気が違う私服のあの娘(逆もまた然り)」が最大の目的になってたりすることもあったりするんですね。
っていうかいわゆる「女子」のグループなんかはその匂いがぷんぷんしてましたねぇ。
祭りで会うと僕とかとは普通に挨拶を交わしたりするのですが「お目当て」と思われる男子を目撃すると一気にヒートアップ。怒涛の攻撃を仕掛ける…みたいな絵面をよく目撃しました。
残念ながら僕はその対象になったことは一度も無い…はずです。はい。とても悲しい発言ですがw
そういや中学校の時に一度僕が告白されて速攻それを覆した子がいてですね…その子に「終わったあとちょっと家まで送ってくれないかな」と言われて安請け合いしたにも関わらず帰り際に平然と「男友達と帰るからやっぱナシで!」って今思えば結構えげつない行為をした記憶があるのですが…なんか話でもあったのかな?今となっては全て謎に包まれちゃってますが。
閑話休題。
僕にもまあ「そういう目的」があったりしてですね…あー…甘酸っぱ!
…そんなこともあり祭りに行く動機がちゃんとあったのです。
高校の時も「誰か同級生居るかな?」ってプチ同窓会的な気分で行ったりしてたのですが…この歳になるとそういうのがむしろめんどくさかったりしてですね…どうも足が向かないんですね。そもそも同級生がこの地に残っているのかすら疑問です。
祭りそのものの雰囲気とかは大好きなんですよ。
ただサッカーに行く途中にその雰囲気を一瞬味わえればそれで満足してしまうのですね。
祭りというものの本来の意味を考えると…まあそれで良いんじゃないかな、と思ったりもします。
まあ来年は久々に行ってみてもいいかな…とか思います。


夜、メシ食いながら母が「ビフォーアフター」を観ていたのですが…今回のはすごかったなぁ。
あの家に住みたいかどうかは別として(笑)、あの番組のアイデアは凄いと思います。
そしてそれと同時に大工さんなどの職人さんの業に思わず感動しますね。
僕の中では 職人>匠 ですw
日本の大工さんの業は本当に感動すら覚えます。
僕は父がそういう仕事をしているせいもあってか、人一倍その思いが強いのですが。
彼らをブルーカラーと呼んで差別する人間を片っ端から殴りたいです。
モノを作る人がいて、その人たちの努力のおかげで僕らがあたりまえにそれを消費できる、そのことの重要さをもっと考えていきたいなぁと思ったりしたのでしたとさ。
人としてフォーっ!
2005年 10月 01日 (土) 03:45 | 編集
10月に…なっちゃいましたね…。
今年もあと3ヶ月でございます。
いやはや…びっくりですね。
ま、気にしないでいきますです。

で、今日はまあ…いつもどおり淡々と…って感じでしたね。
まあなんか知んないけど親父が帰ってきて、さあメシだ…と思ったら…



大量のコカ・コーラダイエット。



え?これは…ナンデスカ???
少なくとも10本はあっただろう。
親父は何をとち狂ってやがるんだ…とか思ったらどうやらおまけでついてくるフォルクスワーゲン・ニュービートルのおもちゃをコンプリートしたかったらしいのです。
しかも自分の趣味ではございません。
甥っ子がこれをいたく気に入っていた、それだけの理由でございます。
なにやってるんだか…と僕が1個空けたら…

いきなりダブり。

さすがに笑いました。
あほやねぇ。

で、夜は例によってサッカーに行ったのです。
今日はみんなで買うユニフォームを決定する大事な日だったので僕がその資料をまとめて作っていきました。
いやはや…久々にワードとエクセルに触りました。
図を挿入してサイズ変えて…うはははは!なんか久しぶり!
まあある程度は作り貯めてあったので今日1時間弱いじくってるだけでサクサクできちゃいました。
まあ正直皆の反応は微妙だったかな。
デザインがね…これまた皆好みが分かれる分かれる。
結局民主主義でサクッと決めちゃいましたが。
サッカーそのものは結構人が集まったので久々に結構アツめの試合ができましたね。
最後の一試合だけ最強にグダグダでしたが。

あー、願書かかねえと…。
うあー!
フォーッ!

fo-.gif

copyright (C) nore-Lab. all rights reserved. designed by polepole...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。