nore-Lab.
こんな日々もあっていいでしょう。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OFF会ぽいね
2005年 08月 10日 (水) 16:16 | 編集
昨日はMarbury君とともに大学の最寄駅で飲みに行きました。
最初は二人でかな、と思っていたのですがまあせっかくだし、ということでI君O君をクソ忙しい中無理矢理誘いました。学校から直接来てくれるとのこと。
テーマは「夏だけど漢だけで暑苦しく飲む」ということで。
当日に集合場所と時間が決まる、家を出る直前まで微調整を行う、というチャレンジャブルな感じではありましたが無事人数も揃ったということでよかったよかった。

で、家を出て駅に着いたが駐輪場のおっちゃんが居ない。
しょうがないのでお金を払わずにバイクを置いていく。
これが後でちょっとしたささやかな幸せに繋がるとは。

そしてなんとなく電車に乗って目的地へ向かい、乗り換えの駅に着いた時に時間が早すぎたことに気付く。
しょうがないので高校時代よく通ったま○がの森に行って少し時間を潰す。
まあ相変わらず濃ゆい空間でした。
でも最近のオタさんはちょっとオサレさんだったりするのね。
コレも電車男の生んだ一種のムーブメントか。

程よく時間も潰れたので改めて出発。
電車がきそうだったので大雑把に切符を買ったら100円高かった。軽く鬱。
でも電車には乗れた。
そして目的地に付くとまだ集合より1時間早い。
しょうがないので靴屋と服屋をプラプラする。
服屋で「最終セール品はまだないか…」とか思っていたらI君から着信。
早く着いたとのことなので合流。
久々に会った二人はちょっとあごのラインが丸みを帯びていた。
大変よね…。

そして3人で集合場所に生きmarbury君がいるか確認するもいないようなのでスタバでなんか飲んで涼むか?という話になるがI君が「個人的にスタバは怖い」という名言を発する。
なのでI君が大好きなジャンクフードのお店でシェーキが100円でしたよ、と言うと、ソレダ!ということになりロッテ○アで時間を潰す。

時間になって集合場所に行くとmarbury君らしき人の影はない。
あれー…とか思っていると迷子の少年のごとく座り込んでいるmarbury君を発見。
いやー、久々ですなぁ。去年僕の誕生日会をやった時以来ですね。
髪ながっ!
本人曰く今までで今一番長い状態なのだとか。ほおおぉ。
O君が後ろから見たら女の子だ…とボソっと言ったのがちょっと面白かった。

そして某激安居酒屋で乾杯。
みんなの近況、研究室での思い出話などに花を咲かせる。
本当は2時間しか居れないはずだったのに結局4時間以上居た。
いいのか?店的には。
ま、僕ら的には全く構わないのですが。
ちなみに会計ではmarbury君がかなり多く出してくれた。
流石社会人!素敵すぎです。

そして店を出て僕とmarbury君の間では朝まで行くぞ!というノリだったのですがI君とO君は用事があると言うのでちょっとためらっている。
そこを色々marbury君と二人で言いくるめて、無理矢理カラオケ屋に連れて行く。
流石に3時ごろ二人がかなり眠そうだったときには悪いなぁ…と思いました…。
最後のほうは皆曲を入れるのもメンドクサーという感じになってきたので僕がテキトーにメドレーを入れて早押しクイズのような感じで歌いたい曲の時にマイクを取って歌う、と言う形式にする。
なんか軽い役割分担みたいのが出来て、サザン系はI君が歌う感じになっていたのだけど、TSUNAMIがかかった時にmarbury君がI君にマイクかざしてI君がみつめあーうとー♪の「み」ぐらいまで歌おうとしたときにマイクを自分のところに持ってきてmarbury君が結局歌う、という荒業をやってのけた。
その日一番の笑いがおきましたね。
I君はおもいっきり orz ってなってました。(ほんとにこの体勢になったw)

カラオケから出ると、僕とmarbury君は始発がでていたが学校に帰る組はバスがなくて困っていた。
まあコレはさすがに悪いね、ということでmarbury君と僕で二人のタクシー代を出して帰ってもらうことに。
ほんとにありがとねー。
研究頑張って。

そして駅でmarbury君とも別れた。
次はいつオフライン上で会うことになるか…。
とりあえず早くNEET脱出しますw

地元の駅に着いたら駐輪場のおっちゃんがいた。
で、「あそこの赤いバイク昨日停めたんですが係員の人がいなくてお金払えなかったので払います。いくらですか?」と聞くとおっちゃん「いいよ」と。
僕が、は?と言う顔をしていると「アナタの正直さに惚れました。今日はお金いいから、行っちゃいな」と。
お、おっちゃんっ!!!・゚・(つД`)・゚・
なんかすごい些細なことなのに救われた気になりました。

楽しかったし、本当にいい一日でした。
みんなありがとう。
スポンサーサイト
Comment
乙したー!!
案の定、喉は酷いことになりやした(げほっごほっ)が、またの機会を楽しみにしてますよ。
そのときは僕以外の方の財布に大いに期待してますので。えぇ(笑)。
僕より全然稼ぎが良さそうな方たちばかりなのでねー。楽しみ~♪
2005/ 08/ 11 (木) 15: 10: 39 | URL | marbury # -[ 編集 ]
いやはや、マジで乙でやんした。
たぶん数年後にはあの二人に

「お前らの稼ぎその程度?(鼻で笑う)」

とか言われるに違いないっっっ・゚・(つД`)・゚・
2005/ 08/ 12 (金) 00: 37: 06 | URL | nore # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL 
comment 

password 
secret 
管理者にだけ表示を許可する
 
trackback
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) nore-Lab. all rights reserved. designed by polepole...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。