nore-Lab.
こんな日々もあっていいでしょう。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
世界の中心でアイを叫ぶのを拒んだけもの
2006年 02月 15日 (水) 00:10 | 編集
「ああ、そういや今日って」

「ああ、そうだったねぇ」

「もはやどうでもいいっすね」

「確かに」

「っていうかなんで『女の子が告白できる』日なんだろうね、いつでも告白すりゃあいいじゃん」

「あー、それってアレじゃないっすか?『告白するのは男から!』って風潮が昔は今より遥かに強かったからじゃないっすか?」

「今は女の子からガンガン行くこともあるもんねぇ」

「時代ですね」

「時代だね」

「っていうか義理ってどうなんでしょうね」

「ん?」

「『義理チョコ』って、よく考えたら響きがあんまりじゃないですか?」

「あっはっは」

「『義理』て」

「『義理』ってねぇ」

「いっそのことそんなんならいらないっすよね」

「だね」

「昔5・6個貰ったことありましたけどいっこも本命がなかったということがありました」

「うわ、泣けるね」

「あの時は軽く浮かれてましたけど、家帰ってから凹みました」

「っていうか女の子も大変だね、義理で配んなきゃいけないし」

「あー、きついですよね、精神的にも懐的にも」

「ね」

「今年は俺たち本気で関係ないっすね」

「あははははは」

「ほんとに(泣)」

「前の職場は女の子居たのになぁ」

「そういうのはいいっこなしです」

「あははははは」

「ま、きっとこの空気にきっとN君キレかけてますよ」

「そうだね、たぶん間違いないね」

「ま、もうここ数年関係なかったので別にもういいんですが」

「まちがいないね」





…以上、僕とタジマさん(仮名)のヴァレンタインデーについての会話、うろ覚えで再現してみようのコーナーでした。
スポンサーサイト
Comment
コメントを投稿する
URL 
comment 

password 
secret 
管理者にだけ表示を許可する
 
trackback
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) nore-Lab. all rights reserved. designed by polepole...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。