nore-Lab.
こんな日々もあっていいでしょう。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いい感じで和ませていただきました
2006年 03月 27日 (月) 01:08 | 編集
起きてからなんとなくネットやってて、ふと2chのとあるスレ(のまとめ)に貼ってあったフラッシュ見てたら感動のあまり朝っぱらから号泣。
俺…朝からなに泣いてるんだろう…。

やだやだ、こんな25歳。

あ、ちなみにどんなスレか気になった人は↓をどうぞ。

ttp://news4vip.livedoor.biz/archives/50566977.html

そういやこのスレの一部分をDAISHI氏が昔ネタにしてたっけなぁ…。



で、夜は家族で焼肉を喰らいに行く。
この店は最近結構行くのですが、店員のお姉さんが…


店員のお姉さん(以下「店」)「たまごスープお待たせいたしました」

nore(以下「の」)「あ、僕です」

店「はい…あ、熱っ(タマゴスープが熱くて持てない)」

の「…」

店「すいませ…熱っ」

の「…(半笑い)」

店「…熱っ…(一瞬考える)」

の「…」

店「…豚足お待たせいたしました」




ちょっwwwww




諦めた!この人あきらめはったよ!!
全部ほかの注文こなしてから両手で俺のスープ渡す作戦に切り替えおった!

で、この店は1リットルの紙パックで烏龍茶を注文できるのですが、僕がそのおかわりをお願いしたらその蓋が開いてなかったんですよ。
(注、手じゃ開けられないタイプ)

060326.jpg
こういうのね(下手でごめんなさい)


さすがにこれは…と思ったのでさっきのお姉さんにもう一度声をかけたんです。


の「すいません、この蓋、開いてないんですけど」

店「!!あっ!!すいません!!」

の「じゃあお願いします」

店「(軽くテンパって辺りを見渡して)…じゃあ、手で開けますね?

の「…?ど、どうぞ?」

店「んーっ」

の「…」

店「んんっ…」

の「…(半笑い)」

店「んっ(蓋ちょっと開く)」

の「…(半笑い)」

店「ちょっとごめんなさい…。」

の「あ、はい」


(お姉さん、僕のすぐ後ろにある厨房前に移動)







店「んーっっっっ!!」





の「??!!!!」

















ちょwwwwおまwwwwww








わざわざ移動したのにハサミを使わないのか??!



面白すぎるwwwww
結局かわいそうだったので続きは僕が開けました。
店員さんはめちゃくちゃ恥ずかしそうに謝ってました。

っていうか、

















軽く萌えた。






あれで顔が好みだったらその場で求婚してた。
いやー、面白かった。
あ、そこのお店は美味しいですよ。
生まれてはじめてレバ刺しを美味いと思いました。
やっぱ安○亭の料理を基準にしちゃダメね。
今後はレバ刺しに積極的にトライしていこう。

そんな感じ。
スポンサーサイト
Comment
コメントを投稿する
URL 
comment 

password 
secret 
管理者にだけ表示を許可する
 
trackback
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) nore-Lab. all rights reserved. designed by polepole...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。