nore-Lab.
こんな日々もあっていいでしょう。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
後半愚痴なので飛ばして可
2005年 08月 19日 (金) 23:32 | 編集
今日はkengtangの仕事の荷物を送るのに付き合いました。
S川急便で送ろうとしていたのですがS川急便が遠いので近くにS川急便のトラックが停まっていたら声を掛けてもってってもらおう!ということでS川急便に向かいながらトラックを探す。
しかし全く見つからない。
いたけど反対車線とか…なんかなぁ、とか思っていたらやたらトラックをみかかけるようになったけれどもうS川急便が目の前。
結局トラックはつかまらないまま。
で、その後以前バイトしてたスーパーの上の100円ショップと本屋に寄る。
100円ショップでは僕は母に頼まれたカゴとはさみを買いました。
そのあと昼食にマックでハンバーガーを買って、kengtangは用事があるので解散。

家に帰ると朝から来ていた姉と甥っ子が超エキサイト。
やべぇ。このエキサイトやべぇ。
頭をボウズにした甥っ子は随分男らしくなっていた。
しかも10秒くらい立てるようになっていた。
おお、この時期の赤子の成長はすげえのだなぁ。
感動。
生命って凄い。
甥っ子とキャッチボールしたりテレビ見たりした後部屋で本屋で買ったrockin'on JAPANを読む。
目当てだったバンプインタビューはまぁまぁだった。
他の雑誌とかとは切り口がちょっと違ったのはさすがかねぇ。
しかし個人的に興味を引いたのはこの雑誌に毎月載っている読者があるアーティストについて自分の実生活と結びつけて投稿してきたものが載っているコラムのコーナー。
coccoについて書いていた女性の記事だったんだけど、最初は「バンプとこっこのファンは痛々しいのが多いからな…(自分は棚に上げている)」と冷やかしのつもりで読んでいたのだけど、コレに結構考えさせられた。
この女性は元保母さんで、一度就職した幼稚園が最悪だった、という。
それは、歌を歌うときに子供達を強制的に一列に並ばせて、歌わなかったり歌っている途中にノリすぎて踊りだしてしまうような子を強制的に抑え付ける幼稚園だった、と。
さらに園長が廊下で走り回る子供達を怒鳴りつけ無理矢理しつけるような人であった、と彼女は言っていた。
特に歌が楽しくて踊りだす子供を「勝手に踊らない!」と怒鳴りつけている先生をライヴに行って飛んだり跳ねたりしまくっていた彼女にはその様子が理解できなかったらしい。
ぶっちゃけ、この子の文章で言ってること、っていうのは「幼い」の一言で片付けられるものだった。
最初は「この子ちょっとイタいなぁ」とか思ってその記事を読んでいた。
確かに、学校ならともかく幼稚園でソレはちょっとやりすぎな感じも否めないけど、その幼稚園の先生方を「バカ」の一言で片付けるのはどうかと思った。
その子は園長に「子供が言うことを聞かなかったらお尻を叩いていいから」の一言に絶望して保母という仕事を辞めたという。その心境をcoccoが一度シーンから姿を消した際に言った、「歌がほんとに好きになってしまったから、歌うのをやめる」という言葉に重ねて連ねていた。
多分、この子はよく言うと純粋過ぎたのだろう。
子供と接する仕事に対する憧れが強すぎて、こういうことに簡単に絶望してしまったのだと思う。
僕は、今後教育関係に進みたいと思っている以上、この子の言葉を簡単に切り捨てられなかった。
僕自身が「ある程度は押さえつけていくことも教育には必要」と考えているから。
しかし例えば、僕と関わった子供に何らかの才能があって、僕がソレを押さえつけることで潰してしまったらどうしよう、などと余計なことを考え出してしまった。
あ、個人的には「個性を尊重」とかいって礼儀も何も無く好き勝手やるような連中はヘドが出ます。
暴走族の皆様ですらその組織の中では礼儀正しいです。
彼らの向かうベクトルが社会的に「悪」と呼ばれているだけです。
彼らの行為は肯定しませんが、彼らも彼らの中で社会を築いているわけで。
挨拶とかヘタな堅気さんより出来ることも多いです。
うちの父の会社には元そういうスジの人が入ってくることも多かったのでよく知っています。
そういう、かつては非常識なことをやっていた人に人として当たり前の事が出来て、エリートとか呼ばれる人にはできてなかったりするのが今の世の中だったりすると思うのです。
その原因が何処にあるかは分かりませんが。家庭なのか学校なのかはこれから体験して知っていこうと思っています。
話がそれました。
僕は、いわゆる「子供を思いやる」という教育が現在過剰すぎるような気がしてならないのです。
子供を思いやるのは教育に携わる人なら当然のことだと思うし。
つまり今の僕が言いたいのは、子供の個性を尊重しつつ、人として当たり前なことを僕は教え込めるのか、ということで。
もちろん取らぬ狸の皮算用的なことを言っているのはわかります。
まずは僕がその世界に飛び込んでからの言葉だと思います。
その時は、また色々と結論が出てるのかもしれません。
その時のために、今こうして恥を晒しておこうと思います。

長くなったな…。
スポンサーサイト
Comment
押さえつけて潰れるくらいの才能は才能じゃねえよ!
結局、押さえつけられる事は多かれ少なかれあるんだからさ
踏み潰されてもまた底から伸びてくる物こそ真の才能って言うんじゃないかな?
押さえつけて潰れちゃうって思うことこそ過剰な過保護なんじゃないかな?
そんなことを感じました。
俺はその場のルールに従えないガキはケツ叩くくらいして良いと思う。注意を与えたうえでね
それと何の分野にしろメリハリがある人って結果出してる気がするしね。息抜きとかはゆっくり覚えて成長すればええんよ!ただ大目に見るのと甘やかしは大きな差があるけどね。  
高校の後ろの席を思い出すな、noreちゃんに語るの!
ノレちゃんの先生姿に栄光あれ!ジークジオン
2005/ 08/ 21 (日) 02: 02: 05 | URL | 悪友 # z8Ev11P6[ 編集 ]
非常にアツいコメント有難う。
その意見も正しいと思います。
まあ他にも思うこととかあったりしてね…。
まぁまたアツく語れる日が来れば、とか思います。
とりあえずなんか元気付けられた気がするよ。
ありがとう。
2005/ 08/ 21 (日) 04: 49: 28 | URL | nore # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL 
comment 

password 
secret 
管理者にだけ表示を許可する
 
trackback
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) nore-Lab. all rights reserved. designed by polepole...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。