nore-Lab.
こんな日々もあっていいでしょう。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
そりゃ驚きもするわな
2006年 05月 17日 (水) 00:28 | 編集
今日も今日とてバスケをする俺。

今日も昼休みと放課後にバスケやってまいりました。
まあどうせ放課後プール行くつもりだったからいっか、ってことで。


で、バスケ終了後、マックで軽くだべっていたら同じクラスのテル君が

「ちょっと気分悪いから外の風当たってくる…」

と言い出す。
大丈夫か?!と思いつつも行かせたらテル君、

「ごめん、やっぱ誰か着いてきて」

と言って戻ってきた。
え?そんなにやばいの?とか思ってたら回りの視線がこっちに集中している。
なんだ?と思っていたら隣の席のギャル軍団が「大丈夫ですか?」とやたら心配している。
どうやらテル君、


立ちくらんでギャル軍団の席に突撃してしまったようで。


あ、だからみんなこっちを見てたのね。
っていうか軽く非常事態ジャン!!!
ってことで2階の席から外まで僕がテル君に付き添うことに。
明らかに足取りがおかしい。
これは絶対やばい。
ってことで気を配ってたのですが、入り口付近まで来たところで店員さんがいぶかしげにこちらを見ていたので「大丈夫ですよ」という意味の会釈をしていたら、テル君が今まさに外に出ようとしていた。

あわてて肩を貸そうと駆け寄る俺。

開く自動ドア。










すかさず倒れるテル君。










って、うおおおおお?!
た。倒れたよ!?
僕が肩を貸す暇もなく。
本当に一瞬で倒れた。

店員さんや他の客が慌てて詰め寄ってくる。
とりあえず声をかけ、意識があることを確認して店員さんに椅子を借り、外で座らせおく。
「水…」と呟いたので店員さんに水を貰いに行ったら

「救急車呼ぶときは声をかけてください」

とか言われる。
うわ、本当に緊急事態だ…。
しかし僕自身こういう倒れ方をした事があるので、恐らくしばらく休めば大丈夫な類のものだろう、ということでしばらく様子を見てみる。
そうこうするうちに他の皆が荷物を持ってきてくれて、原因はなんだろう…と話す。

まあ恐らく貧血か脱水症状の一種なんじゃないか、という結論に達したあたりでメンツのひとりが

「貧血って何が足りなくなったら起こるの?」

と言うのできっと鉄分なんじゃないかな、とか言ってたらそいつが目の前のドラッグストアで鉄分のサプリ買ってきて爆笑。
この場合はポカリか栄養ドリンク買ってこいよw

まあテル君と僕が方向同じなのでその後1時間くらい僕が面倒見て、うまい具合に回復したようなので別れて僕も帰宅。


なんか嘘みたいな一日でした。
スポンサーサイト
Comment
コメントを投稿する
URL 
comment 

password 
secret 
管理者にだけ表示を許可する
 
trackback
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) nore-Lab. all rights reserved. designed by polepole...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。