nore-Lab.
こんな日々もあっていいでしょう。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
明けない夜もないじゃない
2006年 09月 18日 (月) 01:21 | 編集
雨は嫌いではない。

ただ雨の日は行動が制限されるので雨によってもたらされる退屈が嫌い。

しかしこの退屈を味わえるだけ幸せか、と開き直った一日。
寝て、マンガ読んでた。
典型的なダメ人間パターン。
まあ色々歩き回るときはそれなりに動く人なのでこんな日もあっていい。

夕方、親父がわめいてた。
今日の夕食は外食なのです。
うちは外食のとき、親父が待つのが嫌いな人なので17時くらいには家を出ます。
その関係で「早く準備しろー」と騒いでいたのですね。
はた迷惑な親父だ。
あえてゆっくりめに準備するというちょっとした意地悪をしつつ、僕の運転で近所の焼肉屋へ。

久々に腹いっぱい食った。
明らかにキャパが減ったな、俺。
まあ昔が食いすぎだったのか。
兄貴と2人で安○亭で1万越えをするという異常な食い方してたもんなぁ。

焼肉喰らったあと両親を家に置いてから兄貴と本屋へ。
今日は真面目な本も買いました。
小学校のときに通ってた塾で国語の教科書代わりとして使われていた本。
実はこの本けっこう好きだったんだけど学級図書として学校に置いてきちゃったんです。
ブック○フでたまたま見つけちゃって・・・懐かしさのあまり購入。
軽く読んでみましたが、この本、けっこう今の俺の考えに影響を及ぼしてるんだな、と。
詩の本なんですけどね。

原民喜の詩に恐怖したあの夜を思い出した。

いや、興味深い。

じっくりちょっとづつ昔を思い出しながら読もうと思います。

読書の秋だし。
スポンサーサイト
Comment
コメントを投稿する
URL 
comment 

password 
secret 
管理者にだけ表示を許可する
 
trackback
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) nore-Lab. all rights reserved. designed by polepole...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。