nore-Lab.
こんな日々もあっていいでしょう。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
常駐
2007年 02月 22日 (木) 01:13 | 編集
今日は引き篭もってました。
机に向かっては発狂し、机に向かっては発狂し…。

その繰り返しだったのでネタがない。

昨日の晩飯のカレーを今朝アレンジして食ったら美味かった、ってくらい。

ナスやほうれん草などの野菜を炒めて挽肉も入れて炒めてそこにテキトーに色々なスパイス放り込んで炒めて昨日の残りのカレー放り込んで牛乳を足してチョコレートひとカケ隠し味で入れるだけ。
カレーが大量に余っちゃった、ってときはこれでごまかすが吉。
2日目カレーが美味いっつっても流石に飽きちゃうし。
(※noreはこの2日間で4食カレー)


うーん、ネタが無い。
こんな時はnore-Labお馴染みのマンガ読書感想文でお茶を濁す。

オーレ! 1 (1) オーレ! 1 (1)
能田 達規 (2007/01/09)
新潮社

この商品の詳細を見る


サッカーマンガは数多くあれど、サッカーチーム経営にスポットを当てた作品はそう多くない。
これは現実で言うところのJ2(作品内ではN2リーグとなっている)からJFLに降格しそうなチームを経営面から立て直していこうというお話。
地味だけど面白いんです。
これを読んだら貴方も地元Jチームを応援したくなる…かもね。


暴れん坊本屋さん (1) 暴れん坊本屋さん (1)
久世 番子 (2005/09)
新書館

この商品の詳細を見る


漫画家をやりながら本屋でバイトしている作者さんが本屋の裏側について語っているこのマンガ。
最初色物かと思って敬遠してたのだけど、読んでみたら面白かった。
本の流通の仕方から万引きの実態など、とても面白い話が盛りだくさんです。
これを読んだら本屋では絶対働きたくなくなるという素晴らしい1冊。


それでも町は廻っている 1 (1) それでも町は廻っている 1 (1)
石黒 正数 (2006/01/27)
少年画報社

この商品の詳細を見る


ひとことで言うとメイド喫茶マンガ。
が、しかしこれには皆様が期待するようなメイドさんの姿は無い。
そこにいるのはやる気の無い一人の女子高生。
メイド喫茶マンガなのにちゃんとメイドしてる姿が殆ど出てこない素晴らしいマンガです。
ほのぼの(?)コメディなので気楽に読めていいかと。


うさぎドロップ 1 (1) うさぎドロップ 1 (1)
宇仁田 ゆみ (2006/05/19)
祥伝社

この商品の詳細を見る


祖父の葬式にいた一人の少女(6歳)が実は祖父の隠し子で、ひょんなことからその少女を預かりともに生活することになった独身男性の話。
最近この作者さんのマンガを買い漁ってまして、結構おもしろい。
その中でもこれは特に面白いかな、と。
特に2巻ではついに少女の母親も発覚して、非常に盛り上がっております。
いい話です。おすすめ。


とまあ本棚を眺めながら解説してみました。

淡々と語ってますが色々諸事情により抑えて書いてます。
感情表して書くとそこに現れるのは一人のマンガオタクなんで…。

ひとりよがりになりそうなのでね。
まあもう十分そうなんじゃないかというツッコミはスルーします。

では。
スポンサーサイト
Comment
コメントを投稿する
URL 
comment 

password 
secret 
管理者にだけ表示を許可する
 
trackback
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) nore-Lab. all rights reserved. designed by polepole...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。