nore-Lab.
こんな日々もあっていいでしょう。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
体重はなかなか減らない
2007年 08月 05日 (日) 02:27 | 編集
今日は義兄が来ておりまして、甥っ子に買ってあげた自転車を持って来てました。
真っ赤でシンプルな自転車。
かわいいなー。
一生懸命こいでましたよ。

そういや義兄が仕事の関係でレンタカーでうちまで来てて、その車が新型デミオでした。
やべえ、かっこいい…。
けど、若干安っぽくなったかな。
小型化は失敗だと思います。はい。


夜はJリーグオールスターをTV観戦。
まあ…あまり面白くは無かったかな。
J-EASTは前半は結構面白いゲーム展開してたけど、後半は攻撃的な選手が片っ端から抜けて微妙だった。
フランサとケンゴ外したら面白くないでしょう。
まあ福西を入れるにはケンゴ外すしかないとは思ったけど。
MVPもちょっと不満。
いや、彼に不満があるんじゃなくて去年の中澤みたいにオールスターというお祭りを盛り上げた人にあげるべきだったと思います。
オールスターならではの遊び心が欲しかったなー。
トゥーリオをFW、巻をDFで起用するとか。
でも俺はオールスターまともに見たのは実は初めてだったりするので、あまり偉そうなことは言えませんな。

そのあといつものサッカーに。
今日も今日とて微妙。
最近スカッとした点の入れ方ができない。
まあ原因はなんとなくわかってるので改善していけたらいいなとは思ってます。


そういやあまりマンガ紹介してないなとか思ったのでやっときます。

おせん 1 (1) (モーニングKC) おせん 1 (1) (モーニングKC)
きくち 正太 (2000/08)
講談社

この商品の詳細を見る
この作者さんのマンガは何気に好きなのですが持ってなかったりしたのです。
しかし古本で安かったので買い始めてみた。
簡単に言うと江戸っ子料理マンガです。
基本的には「粋」をテーマにしてるのかな?
女性キャラが微妙に見分けがつかない、絵が特徴的で人によっては読み辛いという欠点がありますが(笑)、作者の意図してる「粋」の部分が非常に心地の良い作品だと思います。
どうでもいいけど料理マンガ読むと自分の食生活が不安になりますね。
「美味しんぼ」は特に。
これもそういう気分にさせる話があったりしますが、中には家庭でも作れそうな料理があったりして。今度チャレンジしてみます、はい。


うめぼし 1 (1) (ヤングガンガンコミックス) うめぼし 1 (1) (ヤングガンガンコミックス)
小池田 マヤ (2007/07/25)
スクウェア・エニックス

この商品の詳細を見る
noreが大好きな4コマ作家、小池田マヤ氏の最新作。
ほのぼのした表紙に惑わされてはいけません。
この人の作品がまともなはずはないんだ(笑)!!
主人公がそもそもおかしい。
アメリカからの帰国子女で基本ネガティブで気持ちが落ち込むと漬物を漬ける癖があってでも見た目からは想像できないくらいの女たらしで基本来る者拒まないけど実は熟女(40~50歳)が好み、という設定からしてもうどんな話やら(笑)。
基本的には主人公の父が所有している物件の管理人に主人公がなり、そこに住む3人娘、そして主人公の彼女(50代人妻)とアメリカ時代の彼女達が織り成すドタバタラブコメディ…かなあ…?
とりあえずお話の合間に必ず入る漬物講座が勉強になります(笑)。
あ、言い忘れてましたが面白いから紹介してるんですよ?


日常 1 (1) (角川コミックス・エース 181-1) 日常 1 (1) (角川コミックス・エース 181-1)
あらゐ けいいち (2007/07/26)
角川書店

この商品の詳細を見る
とある高校の非日常的な日常を描いたこの作品。
ジャケ買いでしたが、なかなかのヒットでした。
不条理ギャグって言うんですかね。
背中にゼンマイのネジ巻がついたサイボーグ女子高生が体育の時間にそれのせいで戻りオフサイドを取られた!とかのたまう姿には笑いが止まりませんでした。
テンポ良くわけのわからい事がポンポン起こるので飽きずに最後までサラっと読めます。
本っ当にアホなものが読みたい方におすすめします。


棺担ぎのクロ。~懐中旅話 1 (1) (まんがタイムKRコミックス) 棺担ぎのクロ。~懐中旅話 1 (1) (まんがタイムKRコミックス)
きゆづき さとこ (2006/03/27)
芳文社

この商品の詳細を見る
萌え系4コマ書いてる作者さんなのでそういう感じかと思ってた。
そしたら結構本気なファンタジーモノだったので驚いた!という。
主人公の少女が魔女にある呪いをかけられ、それを解いてもらうために呪いをかけた魔女を探して旅をしていく先で出会う人々との繋がりを描いた作品です。
主人公が棺桶を担ぎながら旅をしているというインパクト、そしてかけられた呪いの詳細をあえて少しづつ小出しにしていくという手法により物語に一気に引き込まれます。
そして2人の仲間を手に入れてからのヒューマニズム溢れる展開によりそれまでの陰気とも言える展開にアクセントがついて面白さを加速させています。
なんていうか…かなり練られた上質な絵本を読んでいる感じです。
予想外の面白さでした。



とまあ久々にオタ臭を醸し出した感想を書いてみました、
っていうかあまり紹介になってないよねこのコーナー。
ま、自己満足って言うか、ブログの絵面を華やかにしたい一心でやっていることなので大目に見てください。

では。
スポンサーサイト
Comment
お久しぶりです。何とか生きてます。

今は休みの時期なのかな?お盆週のどっかで一休みしやせんか?誰か他にも呼んでさ。
2007/ 08/ 05 (日) 12: 16: 15 | URL | marbury # -[ 編集 ]
お盆週にバイトがガッツリはいってしまったので正直微妙です…。
でもなんとかしたい。
久々にお会いしたいですわー…。

また連絡します。
2007/ 08/ 07 (火) 01: 11: 08 | URL | nore # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL 
comment 

password 
secret 
管理者にだけ表示を許可する
 
trackback
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
一万人のファンが選んだベスト作家10人の4コマ傑作集!!【作家陣】阿川あけみ/海月夜文/雁えりか/湖西晶/美川べるの ほか・ 鷲宮にアニヲタ大集合?「らき☆すた」騒動・[漫画]漫画ナツ100選びました・小学館 月刊フラワーズフラワーズコミックオーディション・Web漫画サイ
2007/08/12(日) 15:47:02 | 少女がたくさんあります
copyright (C) nore-Lab. all rights reserved. designed by polepole...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。