nore-Lab.
こんな日々もあっていいでしょう。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
うあー…
2007年 09月 27日 (木) 00:58 | 編集
昨日は無線LANの調子が悪くてかなりムカついていた。
今日はやたら調子良いし…なんなんだ?ったく…。

今日はバイト。
やはり今のバイトは面白い。
将来のためにもっとやりたいのに来月以降あまり入れそうに無い。
悲しいなあ…。

川崎FがACLで見事に負けた。
悔しいことこの上ない。
よりにもよってPKって。
外したのが谷口だってのも…はあ…。
まあまだ若いのでこれを糧にして頑張ってもらいたい。

ってかフロンターレ関連のネット記事を読んでたらとあるフリーライターがうちの大学の大学院中退という俺と全く同じ経歴でびっくりした。
工学系の大学なのにフリーライターなんてやってる人いたのね。驚きです。


そんなわけでもうネタがないので最近買ったマンガを。

エマ 9巻 (BEAM COMIX) エマ 9巻 (BEAM COMIX)
森 薫 (2007/09/25)
エンターブレイン

この商品の詳細を見る
怒涛のメイドマンガ、エマ最新刊です。
メイド漫画というよりは英国貴族漫画と言ったほうが正しい気がする。
8巻以降は番外編なのですが本当に出来がいい。
よくこんな細かい絵を描く気になるよな。
それでいて話も面白いんだから大したもんだ。
個人的には後半の3人の歌手の話が良かった。
なんだあの三角関係。
無駄に切ない気分にさせないでくれよ。
そんな感じ。

きみのカケラ 6 (6) (少年サンデーコミックス) きみのカケラ 6 (6) (少年サンデーコミックス)
高橋 しん (2007/08/10)
小学館

この商品の詳細を見る

雑誌での連載は数年前に終わってしまっているのに作者が内容の説明不足だった点を単行本に膨大な量の書き足しを加え続けることで補完し、発売されているという異色の本。
いまや大物となった作者だから許される技だな。
追加した分の原稿料をもらってないらしい。
すげえ。
作者はかなりご近所さんらしいので是非頑張ってもらいたい。
あ、このお話は物凄く高い壁に囲まれ、太陽が出ることの無い、季節がずっと冬という環境の国でその国の王女様と記憶喪失の少年が「タイヨウ」を探しに旅に出るというファンタジーです。
可愛らしい絵柄からは想像もつかないあまりにも過酷な描写に惹き付けられます。
ってかこの作者は「最終兵器彼女」以降やたら人死にをリアルに描くようになったなあ。
これもかなりきつい表現が用いられてますが…少年コミック扱いでいいのか?
まあ色々考えさせられるからいいのか。ってか少年はこれ読まないな。
でも面白いですよ、はい。


ショートソング 1 (1) (ジャンプコミックスデラックス) ショートソング 1 (1) (ジャンプコミックスデラックス)
枡野 浩一、小手川 ゆあ 他 (2007/09/04)
集英社

この商品の詳細を見る

ちくしょう、画像がねえ!!
なんと「短歌」を題材にしたラブコメです。
これがものすごく面白い。
っていうかこの作者の漫画でまさか人が死なないなんて…!!
今まであまりにも簡単に人が死ぬ作品を書いてた作者のあまりにも普通なラブコメが読めるなんて…驚きだ。
何が良いって短歌ですよ。
短歌があんなに面白いジャンルだとは思わなかった。

「カッコして笑いと書いてマルを打つだけですべてが冗談みたい(笑)。」

これ短歌ですよ?!
現代の短歌はこんな感じなのか…。
目から鱗が落ちた思いです。
勿論漫画としてちゃんと面白いのですが、この短歌の入れ方が見事。
原作小説もあるみたいです。
読んでみようかな…。

ショートソング (集英社文庫) ショートソング (集英社文庫)
枡野 浩一 (2006/11)
集英社

この商品の詳細を見る


そういやこないだkengtangの結婚式で坊や。君と話してて気付いたんだけど俺最近ビックリするほど集英社のマンガを買ってません。
これとテガミバチとハチワンダイバーくらいか?
そして講談社が無駄に多い。
まあしょうがない。
個人的に今アフタヌーンとモーニング・イブニングが最強に面白いマンガ雑誌だと思っているんで。
ってかその3誌の勢いがすごすぎる。
ジャンプ系列はなあ…新人発掘が下手になってきてるのがわかるんですよ。
明らかに。
そもそも「読もう」と思わせる新人がいない。
「期待の新人!」という煽りで紹介されてる新人のマンガに期待ができない。
もしかしたら面白くなるかもなーというのもいるけどそういう新人を長い目で育てるシステムをジャンプ系は取っていないから結局微妙なのが延々と生き残ることになる、という感じが見受けられる。
まあやはり王道はジャンプ系だと思うので頑張ってもらいたいなあ。

って、かなりマンガオタな発言をしてしまった。
もう寝る!

じゃあな!!
スポンサーサイト
Comment
コメントを投稿する
URL 
comment 

password 
secret 
管理者にだけ表示を許可する
 
trackback
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) nore-Lab. all rights reserved. designed by polepole...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。